BF1 スペック・ベンチマーク結果とPC構成

BF1 壁紙

もうすぐ発売予定のBF1(バトルフィールド1)ですが、先日オープンβテストが行われました。
そこでのベンチマーク結果とプレイするのに必要な推奨スペックに加えて、おすすめのCPU・グラフィックボードやゲーミングPCも紹介しています。

BF1の必要・推奨スペック

パーツ名 必要スペック 推奨スペック
CPU AMD FX-6350/Intel Core i5 6600K AMD FX-8350/Intel Core i7 4790
メモリ 8GB 16GB
グラボ Radeon HD7850 2GB/GeForce GTX660 2GB Radeon RX480 4GB/NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
OS Windows 7/8.1/10 64Bit Windows 10 64Bit
容量 50GB  65GB

CPU

必要スペックはCore i5 6600Kが指定されています。
価格と性能の釣り合いが取れているので、なるべく出費を抑えたい場合に最適です。

推奨スペックでは高性能なCore i7 4790が指定されているので、重めなBF1でもCPUに余力を持たせることができます。
高設定でプレイするのであればぜひ搭載したいですね。

グラフィックボード

グラフィックボード(グラボ)は旧世代のGTX660が必須で、推奨スペックは最新のGTX1060が指定されています。
GTX1060は性能を向上させつつも、最新世代で買いやすい価格になっているのが特徴です。
スペックを重視するのであれば、より高性能なGTX1070以上が最適です。

メモリ

必要は8GBですが、メモリ使用率が肥大化しやすいことを考えると16GB以上が無難な選択肢です。
他のパーツよりは比較的安価なので、削りたくない部分ですね。

BF1 ベンチマークテストの結果

様々なグラフィックボードでBF1をプレイした場合に、どれくらい滑らかに動くかを計測した結果です。

結果はFPS(Frames Per Second)で表され、60FPSが快適かどうかの指標にされています。

このベンチマークは解像度1920×1080、Ultra Settingsで計測されています。

GTX1080では90FPSオーバー、GTX1070でも70FPSをオーバーしています。
残念がらGTX1060は載っていませんでした。

1080Pでプレイするのであれば、GTX1000シリーズが十分な性能であることが分かります。

BF1向け ゲーミングPC構成

最新作であるBF1をプレイするためにPC環境を揃えるのであれば、ハイスペックなパーツを選ぶのを強くおすすめします。
必要スペックはゲームを起動するのに必要最低限のスペックなので注意しましょう。

CPU Core i7 6700K
グラボ GTX 1070
メモリ 16GB

最新作ゆえに重めなBF1では、ハイスペックなグラフィックボードの性能を存分に活用することができます。

BTOのゲーミングパソコン

PS4などではなくPCでプレイしたいけれど、自分で組み立てるのは不安だと感じる方は、メーカ製のゲーミングパソコンを購入するという手があります。
中身のパーツは上で紹介した物と同じで、サポートもあるので安心して使うことができるのがメリットです。

ガレリア
  • Intel Core i7-6700
  • GeForce GTX1070 8GB
  • 16GB メモリ
  • 525GB SSD+2TB HDD
NEXTGEAR
  • Intel Core i7-6700K
  • GeForce GTX1070 8GB
  • 16GB メモリ
  • 480GB SSD+3TB HDD