GTAV スペック・ベンチマーク結果とPC構成

GTAV 壁紙

GTAV(グランド・セフト・オートV)のPC版は最大4Kまでの対応や詳細な設定が実装され、大幅なグラフィックの向上が行われました。
このページではプレイするのに必要な推奨スペックとベンチマーク結果に加えて、おすすめのCPU・グラフィックボードやゲーミングPCも紹介しています。

GTAV スペック

パーツ名 必要スペック 推奨スペック
CPU Intel Core 2 Quad CPU Q6600 Intel Core i5 3470
メモリ 4GB 8GB
グラボ NVIDIA 9800GT 1GB/AMD HD4870 1GB NVIDIA GTX660 2GB/AMD HD7870 2GB
OS Windows 8.1/8/7/Vista 64Bit Windows 8.1/8/7 64Bit
容量 65GB  65GB

CPU

必要スペックでは旧世代のCore 2 Quadが指定されています。
最近のPCであれば大半がこれ以上の性能ですが、あくまでもGTAが「起動できるだけ」程度のスペックなので注意です。

一方で推奨スペックのCPUはCore i5で、低価格が特徴のCore i3と高性能なCore i7の中間にあたるシリーズです。
バランスが取れているため、GTAVをプレイするだけであれば十分なスペックです。

グラフィックボード

グラフィックボード(グラボ)は9800GT以上が必須、GTX660が推奨です。
しかし実際には旧世代であるGTX660を搭載しても、GTAVの場合には性能不足でカクカクになってしまいます。
問題なく動かすためには最低でもGTX900シリーズが必要で、現在であればGTX1000シリーズのグラフィックボードがおすすめです。

メモリ

同様に、推奨されている8GB以上が現実的なスペックです。
最新のゲームによっては倍の容量が要求されている場合もあるので、確認が必要です。

GTAV ベンチマークテスト

様々なグラフィックボードでGTAVを実際にプレイした場合、どれくらい滑らかに動くかを計測した結果です。

結果はFPS(Frames Per Second)で表され、60FPSが快適かどうかの指標にされています。

⚠このベンチマークは解像度2560×1440、Ultra Settingsで計測されています。

GTX1080では平均63FPS、GTX1070では平均52FPSという結果になりました。

注意点としてこのベンチマークは解像度が高く、画質も最高にになっているためかなり重い設定になっています。
そのため一般的な1080PでプレイするのであればFPSは高くなり、安定したプレイ画面になります。

おすすめのゲーミングPC構成

GTAVの推奨スペックを参考にしつつ、最新のゲームにも対応できる構成を考えてみました。

CPU Core i7 6700K
グラボ GTX 1070
メモリ 16GB

特にGTAVではグラフィック系のMODを導入することで、リアルに近いような風景にすることができるため、ハイスペックなグラフィックボードを存分に活用することができます。

BTOのゲーミングパソコン

PCでプレイしたいけれど、自分で組み立てるのは不安だと感じる方は、メーカ製のゲーミングパソコンを購入するという手があります。
中身のパーツは上で紹介した製品が中心で、サポートもあるので安心して使うことができるのがメリットです。

ガレリア
  • Intel Core i7-6700
  • GeForce GTX1070 8GB
  • 16GB メモリ
  • 525GB SSD+2TB HDD
NEXTGEAR
  • Intel Core i7-6700K
  • GeForce GTX1070 8GB
  • 16GB メモリ
  • 480GB SSD+3TB HDD